PR

太宰府・小郡・朝倉・筑前・筑紫野で探す高機能注文住宅情報

福岡でローコスト住宅を建てよう!1,000万円台から手に入る注文住宅 | 太宰府・小郡・朝倉・筑前・筑紫野で探す高機能注文住宅情報

施工例

福岡でローコスト住宅を建てよう!1,000万円台から手に入る注文住宅

2024/04/02

ローコスト住宅は1,000万円台で35坪程度の住宅を指し、シンプルなデザインやパネル生産、販促活動の削減などでコストを抑えています。低コストで建てられ、こだわりの箇所に資金を集中でき、工期も短縮されます。

しかし、自由度が低く、追加要望で費用が上がる可能性や建材のグレードが低いためランニングコストが増えるリスクもあります。シンプルでコンパクトな生活を求める人や設備にこだわりがない人に向いています。

ローコスト住宅の特徴やメリット・デメリット

近年、マンションの高騰により戸建て住宅を建てる方が増えています。凝った注文住宅を建てたい、けれどできるだけ費用を抑えたいという方から注目されているのがローコスト住宅です。


これから福岡でローコスト住宅を検討している方はメリット・デメリットや利用できる制度など知っておくと役立ちます。

ローコスト住宅とは?

現在、注目が集まるローコスト住宅とは広さ35坪程度を1,000万円台で建てられる住宅のことです。ローコスト住宅はシンプルな形状・デザインなどにすることでコストカットできます。

例えば住宅は壁の面が増えれば増えるほど、費用がプラスされていきますが、箱型にして面を減らすなどシンプルなつくりにするとコストダウンが可能です。

また、パネル生産などを自社工場で行ったり、モデルハウスやパンフレットなどをつくらずにコスト削減して販売したりと、さまざまな方法でコストを抑えているケースもあります。

ローコスト住宅のメリットとデメリット

ローコスト住宅は費用を抑えられるのが魅力です。通常、戸建て住宅を建てるとなると3,000万円〜5,000万円前後ほど、年間の維持費だけでも40万円以上の費用がかかります。
注文住宅の場合、月々のローンは高くて10万円前後ほどかかってしまいますが、ローコスト住宅であれば通常の注文住宅よりも費用を抑えられます。


また、ローコスト住宅はこだわりたい箇所に費用を使い、抑えたいところは抑えてシンプルにできるのも魅力です。注文住宅と比べて工事期間を短縮できるのもメリットといえます。


一方でローコスト住宅のデメリットは、フルオーダーの注文住宅ほど自由度が高くない点です。また、希望のプランを追加していくと結果的にフルオーダーの注文住宅とあまり変わらない費用になるケースも少なくありません。建材・資材のグレードが低いと光熱費などのランニングコストが高くなってしまう可能性もあります。

ローコスト住宅に向いている人とは?

シンプルでコンパクトな暮らしがしたい方にはローコスト住宅がぴったりです。フルオーダーほどのプランの自由度が不要だと感じる方はローコスト住宅も視野に入れるのもよいかもしれません。

また、住宅設備は必要最低限でよいという方もローコスト住宅に向いています。

ローコスト住宅を建てる際の住宅会社選び

ローコスト住宅を建てる際には、住宅会社選びに注意しなければなりません。失敗しないためにもしっかりポイントを押さえておきましょう。

デザインや間取り

ローコスト住宅を建てる際に注意すべき点は、プランが自分の希望に合っているかです。ローコスト住宅は、フルオーダーの注文住宅に比べてプラン内容に自由度がなく、用意されたプランから選ばなければなりません。自分の希望にぴったりなプランはあるのか、しっかりとチェックするのが失敗しないためのポイントです。


また、ローコスト住宅のプランは標準仕様を安価に、オプションを高めの価格設定にしているケースもあるため優先する項目を決めておくと迷わないでしょう。

設備

住宅設備も住宅会社を決める際のポイントです。必要な設備が標準仕様プランに含まれているか、必ずチェックしておくと予算オーバーを防げます。
よくある失敗の中では、標準仕様プランに必要な設備が含まれておらず後々追加して費予算オーバーしてしまうというケースです。
失敗しないためにも絶対に必要だと思っている設備が標準仕様に含まれているか、忘れずにしっかりチェックしておきましょう。

施工

依頼する住宅会社の施工実績や得意としている施工を把握しておくのも、失敗を防ぐひとつの方法です。住宅会社には、デザイン性を重視した住宅を得意としている場合や断熱性など住宅性能の高い住宅を得意としている場合があります。依頼する予定の住宅会社の得意分野を把握しておきましょう。


また、施工実績も重要なポイントです。中にはいい加減な施工を行う業者も存在しているため、実績はもちろん実際に依頼した方の口コミ・評判も目を通しておくと安心です。

ローコスト住宅で検討したい補助金・減税

ローコスト住宅を建てる際は、こどもエコすまい支援事業・ZEH支援事業・住宅ローン減税といった制度や優遇を活用すると、さらにコスト削減につながります。それぞれの制度がどのようなものなのか、理解しておくと今度の対応がスムーズです。

こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業は、子育て世代・若年夫婦世帯が対象で所有者が住むことが大前提で、ZEHレベルの50㎥以上の住宅であれば利用できます。補助額は一律100万円です。また、40代・50代でも子どもが18歳未満であれば補助を受けられます。

出典元:こどもエコすまい支援事業

ZEH支援事業

ZEH支援事業は、新築住宅の建築または購入予定者・暴力団関係者でないこと・COOL CHOICE賛同登録を行っているなどすべての条件に当てはまっている方が対象です。ZEHロードマップの定義に当てはまっていれば定額55万円の補助が受けられます。
ZEH支援事業の申請は、ZEH認定ビルダー・プランナーへ相談しましょう。また、ZEH支援事業は申請期間が決まっているため、注意が必要です。
出典元:一般社団法人 環境共創イニシアチブ「経済産業省及び環境省による戸建ZEH補助事業」

住宅ローン減税

住宅ローン減税は、住宅の種類によって住宅ローン控除額が異なり、住宅の種類によっては最大で35万円の補助が受けられます。また、新築住宅を対象に固定資産税の減税措置制度もあり、3年〜7年が減税期間です。ただし、建物のタイプによって減税期間が異なります。
出典元:住まい給付金「住宅ローン減税制度の概要」


ローコスト住宅は、最近注目を集めている選択肢で、1,000万円台で建てられる約35坪程度の住宅を指します。シンプルなデザインやパネル生産、無駄な販促活動の削減などでコストを抑えています。

メリットは低コストで建てられる点、またこだわりの箇所に資金を集中できることや工期の短縮です。ただし、自由度が低く、希望を追加すると費用が上がり、建材のグレードが低いことでランニングコストが増える可能性もあります。

ローコスト住宅は、シンプルでコンパクトな暮らしを求める人や設備にこだわりがない人に向いています。

ローコスト住宅を建てる際には、適切な住宅会社の選択が重要です。デザインや間取りが自分の希望に合っているか、必要な設備が含まれているか、施工実績や得意分野を把握することがポイントです。標準仕様に必要な設備が含まれていない場合、後から追加することで予算オーバーになるリスクもあるため、事前にチェックしておくことが大切です。また、施工実績や口コミ・評判を確認することで、失敗を避けることができます。

ローコスト住宅建設時には、こどもエコすまい支援事業やZEH支援事業、住宅ローン減税などの補助金・減税制度を利用することで、さらなるコスト削減が可能です。こどもエコすまい支援事業ではZEHレベルの住宅で100万円の補助が、ZEH支援事業ではZEHロードマップに適合すれば55万円の補助が受けられます。

また、住宅ローン減税では、住宅の種類によって最大で35万円の控除や固定資産税の減税が可能ですが、建物のタイプによって減税期間が異なるので注意が必要です。

太宰府・小郡・朝倉・筑前・筑紫野で探す高機能注文住宅情報では、太宰府・小郡・朝倉・筑前・筑紫野エリアにおける注文住宅の情報やおすすめメーカーについて掲載しております。ぜひ他の記事もご覧ください。

想家工房はこちら

記事一覧

福岡でローコスト住宅を建てよう!1,000万円台から手に入る注文住宅

福岡で家ができるまでの流れとは?~イメージづくりから引渡しまで

福岡で2,000万円台の注文住宅を実現する方法とは?間取りで工夫する

福岡の家を快適でエコにするZEH水準の魔法ビン断熱工法

福岡で注文住宅のリノベーションをするなら?リノベーションの種類と注意点

猫と暮らす注文住宅の作り方とは?福岡で猫と共同生活を送る上で大切なこと

福岡で地震に強い木造耐震住宅を建てたい!確認すべきポイントを紹介

注文住宅の外観は意外と難しい?外観の考え方や決め方のポイントを紹介

福岡でおしゃれな注文住宅を建てるコツを紹介!

住宅ローンの税額控除制度とは?省エネ性能の注文住宅を建てよう

工務店独自のモデルハウスや住宅展示場も~福岡で見学するポイント

地震が多い福岡で高性能住宅を建てる利点と価格について解説

子育て・老後などライフスタイルの変化を見据えた注文住宅

夢に近づく福岡の住まいを地元工務店から~資金計画づくりの流れ

太宰府市で高性能住宅を建てて快適な暮らしをしよう!

福岡でデザインの良い注文住宅を取得!後悔しないためのポイント

福岡で自然素材の注文住宅を建築する!素材・魅力・注意点を解説

福岡で後悔しない家づくりをするために必要なことは?

福岡で注文住宅を建てる際に確認すべきポイントを紹介

福岡で注文住宅の土地探しができるハウスメーカー・工務店5選

福岡で理想的な省エネ住宅を建てるために必要な予算とは?

福岡でZEHを建てられる地元工務店を紹介

空気の流れが大切?断熱に優れた魔法瓶住宅の実力

福岡のハウスメーカー・工務店の選び方と施工例を紹介

福岡の筑紫野市の魅力とは?注文住宅の施工例を紹介

住みやすい街・福岡市で注文住宅を建てる際の注意点!施工例も紹介

福岡の大野城市で家を建てよう!注文住宅の施工例を紹介

福岡の小郡市で注文住宅を建てるなら想家工房へ!施工例を紹介

福岡の太宰府市で注文住宅を建てる!施工例を紹介

福岡の注文住宅で理想の間取りを手に入れるためのポイントを解説

福岡で建てる注文住宅、価格の相場を詳しく解説

福岡で家を建てるなら、自然素材でつくる木の家の注文住宅!

福岡で注文住宅を建てるなら、まずは住宅展示場へ行くことをご提案

福岡で平屋の注文住宅をおすすめする理由

想家工房の特徴と施工事例を紹介!朝倉市で家を建てるなら地元の工務店

住宅を建築する際の補助金について知ろう!福岡独自の補助金はある?

中古住宅と新築住宅の相場から探る!太宰府市でおすすめの住宅とは?

朝倉市で建売住宅を建てる場合の相場は?建売住宅選びのポイントも徹底解説!

ヒートショックとは?家づくりで取り組むべきヒートショック対策

想家工房上田社長が語る魔法瓶断熱工法の誕生とそのメリット、住んでいる人の声も紹介

想家工房の家づくりへの情熱と徹底した施工管理、年間限定10棟の建築に込められた想いとは

自然豊かな朝倉市で一戸建て!中古住宅なら好立地な物件も選べる?ポイントを押さえて理想の住まいを見つけよう

小郡市で中古住宅を選ぶポイントとは?ハザードマップを活用して安全・快適な住まいを見つけよう

住みやすさと子育てしやすい環境が人気の筑紫野市で戸建てを手に入れよう!

理想の家を実現!想家工房の家づくりとは

家はどれくらいで建てられる?家づくりの流れと期間を解説

福岡で理想の注文住宅!自由設計でこだわりのつまった家を実現しよう

親の家どうする?高齢者が暮らす一戸建てに潜む危険

福岡で注文住宅を建てるなら費用はどのくらい必要?

母への想いを家に込めて~想家工房のスタート

朝倉で近くの工務店を探す~ベストな注文住宅を建てるためのノウハウ

福岡で高気密・高断熱の高性能住宅が必要な理由は?

筑前町で家を持つ方法~売家VS注文住宅、どちらを選ぶ?

ハウスメーカーと工務店~久留米市で家を建てるならどちらを選ぶ?

小郡市で戸建て注文住宅を頼みたい工務店を紹介

太宰府市で注文住宅!安心して相談できるメーカーを探す

福岡県内で注文住宅を建てる~工務店の選び方

理想の戸建を福岡でつくる~デザインと性能はどちらが大切?

小郡市x注文住宅 小郡の気候風土を良く知った業者に頼みたい

ハウスメーカーのメリット・デメリット~筑紫野で注文住宅を建てる前に知りたい情報

魔法瓶住宅とは?~高気密・高断熱が快適な住空間をつくる

『想家工房』の名前に込めた想いとは~家を想うの本当の意味

福岡で新築!注文住宅が向いている人はどんな人?

福岡で省エネ住宅!高性能な住宅で評判の工務店を探す

カテゴリー

ヒートショック

施工例

省エネ住宅

補助金

魔法瓶住宅

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年05月