PR

太宰府・小郡・朝倉・筑前・筑紫野で探す高機能注文住宅情報

親の家どうする?高齢者が暮らす一戸建てに潜む危険 | 太宰府・小郡・朝倉・筑前・筑紫野で探す高機能注文住宅情報

ヒートショック

親の家どうする?高齢者が暮らす一戸建てに潜む危険

2023/06/26

今の家で大丈夫?高齢者が暮らす一戸建てに潜む危険

高齢者が快適に生活するためには、住まい選びが一つの重要な要素となります。特に、注文住宅を選択する際には、自分の生活スタイルや健康状態を反映した家を建てることが可能です。しかし、その注文住宅が、思わぬ危険を内包していることもあります。今回は、「今の注文住宅で大丈夫?高齢者が暮らす注文住宅に潜む危険」について考えてみましょう。

高齢者にとって注文住宅は、日々の生活を送る安全な場所であるべきですが、中には危険な要素が隠れている場合もあります。注文住宅の魅力とされる自由な設計や独立性が、逆に高齢者にとっては障壁となることもあるのです。

注文住宅の設計時に一般的な問題となるのが、段差や階段による転倒リスクです。高齢化に伴い体力やバランス感覚が衰えると、段差や階段は大きな危険要因となります。実際に、注文住宅での家庭内事故による高齢者の死亡原因の多くは転倒によるものです。

また、注文住宅では火災に対するリスクも無視できません。注文住宅は、マンションと比較して火災発生時の対応が難しく、高齢者にとっては避難するのが難しいこともあります。さらに、古い注文住宅では耐震性に問題がある可能性もあります。大地震が発生した際に、建物が倒壊する危険性も否定できません。

また、注文住宅の断熱性も高齢者にとっては大切な要素です。急な温度変化は高齢者の体に大きな負担をかけ、最悪の場合、ヒートショックによる死亡リスクも高まります。

これらのリスクを避けるためには、注文住宅を設計する際に、これらの要素を考慮に入れることが重要です。また、一戸建てからマンションへの移住を考えることも一つの手段です。

高齢者にとって最適な注文住宅の設計は、その人のライフスタイルや健康状態、財政状況などを総合的に考えることが大切です。注文住宅を選ぶことで、自分に合った安全で快適な住まいを手に入れ、老後の生活を豊かで充実したものにしましょう。

高齢者にとって住みやすいのはマンション?一戸建て?

「注文住宅とマンション、どちらが老後に適しているのか」という問題について考えてみましょう。一般的に、注文住宅への憧れは多くの人々の中に深く根ざしています。実際に、国土交通省が2016年に行った調査では、理想的な住宅形態として注文住宅を選ぶ人が7割にも上り、高齢者の中ではこの傾向がさらに強いことがわかりました。

しかし、退職後の生活を考慮すると、マンションの方が推奨されます。事実、注文住宅は必ずしも安全な場所ではありません。2016年の厚生労働省の統計では、注文住宅での家庭内事故による死亡者数は1万4175人にも上り、交通事故死者数の約2.7倍に達しています。特に高齢者が事故による死亡者の大半を占めています。

注文住宅は、特に高齢者にとって危険を伴う場合があります。段差が多いと転倒リスクが高まりますし、階段からの転落の危険もあります。さらに火災リスクも高いです。一方で、マンションは建築基準法により耐火構造になっています。ただし、マンションでも、入浴中の溺死には注意が必要です。

2000年以前に建てられた注文住宅は特に注意が必要です。2000年に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行されてから10年間の品質保証が義務付けられています。これ以前に建てられた注文住宅は、品質に大きな差があり、特に耐震性に問題があります。

子供が独立した夫婦だけの世帯の場合、古い注文住宅を売却してフラットなマンションに移ることを検討する価値があります。バリアフリーの物件が増えており、階段がなく、耐震性、耐火性、断熱性に優れています。

ただし、マンションの価格は高騰しています。新築だけでなく中古マンションの価格も上昇しており、価格が安い物件でも、古すぎると耐震性や断熱性に問題があるかもしれません。建築後20年以内の物件を選ぶことをお勧めします。

マンションへの引っ越しを検討する場合でも、今の住まいをリノベーションをする場合でも、高齢者が快適に暮らせる家とはどんな特徴を持つのか、具体的なイメージを持つことが大切です。

高齢者が快適に暮らせる家とは

マンションが良いか一戸建てが良いか、家族構成や収入などの条件によって変わってきますが、高齢者にとって快適さを考えるとマンション・一戸建てに限らないポイントがあります。次に高齢者が住みやすい家のポイントを考えてみましょう。

高齢者が快適に暮らせる家とは、生活のしやすさと安全性を兼ね備えた住まいです。高齢者が日々過ごす住環境は、その生活の質や健康状態に大きく影響を及ぼします。では、具体的にどのような特性を持つ家が高齢者にとって快適なのでしょうか。

まず第一に、バリアフリーが重要な要素です。段差が少なく、広い通路、手すりが設けられた住宅は、歩行が困難な高齢者でも安心して生活できます。エレベーターやスロープが完備されているマンションも、移動が容易なため高齢者にとって理想的です。

次に、高齢者の生活に適した間取りや設備が整っていることも重要です。例えば、浴室は広めでスリップ防止の床材、手すりが設けられていると安全です。トイレは、手すりがついていて、便器の高さが適切なものが良いでしょう。

また、リビングやキッチンなどの生活空間が平面的に配置されていると、移動がスムーズで、生活しやすいと言えます。家具の配置も重要で、通路を広く取る、落ち着ける場所を確保するなど、生活動線を意識した配置が必要です。

さらに、高齢者にとっては環境の安全性が重要です。住まいの耐火性や耐震性を確保することはもちろん、犯罪から身を守るためのセキュリティ対策も必要です。

最後に、住宅周辺の環境も大切です。日々の買い物や医療機関へのアクセスが良い場所にあると、高齢者の生活は大いに楽になります。また、近隣に公園や緑があると、散歩やレクリエーションの場として利用でき、精神的な健康を維持するのにも寄与します。

以上が、高齢者が快適に暮らせる家の特徴ですが、最終的にはその人の生活スタイルや健康状態、趣味や予算など、個々のニーズに合わせた住まい選びが重要となります。ゆっくりと自分に合った住まいを選ぶことで、高齢期の生活をより豊かで充実したものにしましょう。

高齢者の住宅にはヒートショック対策が必要!

高齢者にとって住まい選びは重要な課題の一つですが、その中でも特に注意が必要なのが「ヒートショック」対策です。ヒートショックとは、急な温度変化により身体が適応できず、心臓や脳血管に異常を来す現象のことを指します。これが原因で命を落とす高齢者も少なくないため、住まいの環境を整えてこれを防ぐことが重要です。

ヒートショックを防ぐための具体的な対策としては、以下のようなことが挙げられます。

室内の温度調整: 特に冬場は暖房設備を整え、室内全体の温度を一定に保つことが大切です。特に浴室は温度差が大きくなりやすいので、暖房や床暖房を導入することをおすすめします。

適切な断熱設備: 住まい自体の断熱性を高めることで、室内外の温度差を緩和し、ヒートショックを予防します。壁や窓などからの冷気の侵入を防ぐための断熱改修も効果的です。

暖かい服装: 室内でも暖かい服装を心がけ、体温調節に注意しましょう。特に風呂上りの冷え防止には、浴衣やバスローブなどを利用します。

入浴時の注意: 温度差が最も大きくなりやすい入浴時には、ゆっくりと体温を上げることが大切です。あまりにも熱いお風呂は避け、湯船につかる前にシャワーで体を慣らすと良いでしょう。

これらの対策は一見すると些細なことに見えるかもしれませんが、日々の生活の中でしっかりと実践することで、ヒートショックによる健康リスクを大きく軽減できます。どのような住まいであれ、高齢者が安心して暮らすためには、こうした暮らし方の工夫が欠かせません。

一戸建てでもしっかりした注文住宅なら高齢者には安心!

ヒートショックやセキュリティなど一戸建ての住宅には高齢者が気にするべき点が多くあります。しかし、一方で高齢者にとって一戸建てならではの良さも多いのではないでしょうか。

一般的に一戸建ての注文住宅は、住む人のライフスタイルや好みに合わせて設計されるため、バリアフリーな設計や老後を見越した設計が可能です。これにより、一戸建てでも高齢者が安心して生活できる環境を提供することが可能となります。

近年では耐震性や高断熱性に優れた注文住宅が一般化しており、建物に対する10年間の保証が義務付けられています。したがって、自分のライフスタイルに合った耐久性と安全性を備えた注文住宅は、高齢者にとって安心できる選択と言えるでしょう。

ただし、施工会社によって注文住宅の価格や性能にはバラつきが見られるため、今回紹介したようなポイントが守られているか注意深く確認する必要があります。注文住宅は、その安全性と自分自身の生活スタイルに合わせた設計が可能な点で、高齢者にとって安心できる選択肢となり得ます。

想家工房はこちら

記事一覧

福岡でローコスト住宅を建てよう!1,000万円台から手に入る注文住宅

福岡で家ができるまでの流れとは?~イメージづくりから引渡しまで

福岡で2,000万円台の注文住宅を実現する方法とは?間取りで工夫する

福岡の家を快適でエコにするZEH水準の魔法ビン断熱工法

福岡で注文住宅のリノベーションをするなら?リノベーションの種類と注意点

猫と暮らす注文住宅の作り方とは?福岡で猫と共同生活を送る上で大切なこと

福岡で地震に強い木造耐震住宅を建てたい!確認すべきポイントを紹介

注文住宅の外観は意外と難しい?外観の考え方や決め方のポイントを紹介

福岡でおしゃれな注文住宅を建てるコツを紹介!

住宅ローンの税額控除制度とは?省エネ性能の注文住宅を建てよう

工務店独自のモデルハウスや住宅展示場も~福岡で見学するポイント

地震が多い福岡で高性能住宅を建てる利点と価格について解説

子育て・老後などライフスタイルの変化を見据えた注文住宅

夢に近づく福岡の住まいを地元工務店から~資金計画づくりの流れ

太宰府市で高性能住宅を建てて快適な暮らしをしよう!

福岡でデザインの良い注文住宅を取得!後悔しないためのポイント

福岡で自然素材の注文住宅を建築する!素材・魅力・注意点を解説

福岡で後悔しない家づくりをするために必要なことは?

福岡で注文住宅を建てる際に確認すべきポイントを紹介

福岡で注文住宅の土地探しができるハウスメーカー・工務店5選

福岡で理想的な省エネ住宅を建てるために必要な予算とは?

福岡でZEHを建てられる地元工務店を紹介

空気の流れが大切?断熱に優れた魔法瓶住宅の実力

福岡のハウスメーカー・工務店の選び方と施工例を紹介

福岡の筑紫野市の魅力とは?注文住宅の施工例を紹介

住みやすい街・福岡市で注文住宅を建てる際の注意点!施工例も紹介

福岡の大野城市で家を建てよう!注文住宅の施工例を紹介

福岡の小郡市で注文住宅を建てるなら想家工房へ!施工例を紹介

福岡の太宰府市で注文住宅を建てる!施工例を紹介

福岡の注文住宅で理想の間取りを手に入れるためのポイントを解説

福岡で建てる注文住宅、価格の相場を詳しく解説

福岡で家を建てるなら、自然素材でつくる木の家の注文住宅!

福岡で注文住宅を建てるなら、まずは住宅展示場へ行くことをご提案

福岡で平屋の注文住宅をおすすめする理由

想家工房の特徴と施工事例を紹介!朝倉市で家を建てるなら地元の工務店

住宅を建築する際の補助金について知ろう!福岡独自の補助金はある?

中古住宅と新築住宅の相場から探る!太宰府市でおすすめの住宅とは?

朝倉市で建売住宅を建てる場合の相場は?建売住宅選びのポイントも徹底解説!

ヒートショックとは?家づくりで取り組むべきヒートショック対策

想家工房上田社長が語る魔法瓶断熱工法の誕生とそのメリット、住んでいる人の声も紹介

想家工房の家づくりへの情熱と徹底した施工管理、年間限定10棟の建築に込められた想いとは

自然豊かな朝倉市で一戸建て!中古住宅なら好立地な物件も選べる?ポイントを押さえて理想の住まいを見つけよう

小郡市で中古住宅を選ぶポイントとは?ハザードマップを活用して安全・快適な住まいを見つけよう

住みやすさと子育てしやすい環境が人気の筑紫野市で戸建てを手に入れよう!

理想の家を実現!想家工房の家づくりとは

家はどれくらいで建てられる?家づくりの流れと期間を解説

福岡で理想の注文住宅!自由設計でこだわりのつまった家を実現しよう

親の家どうする?高齢者が暮らす一戸建てに潜む危険

福岡で注文住宅を建てるなら費用はどのくらい必要?

母への想いを家に込めて~想家工房のスタート

朝倉で近くの工務店を探す~ベストな注文住宅を建てるためのノウハウ

福岡で高気密・高断熱の高性能住宅が必要な理由は?

筑前町で家を持つ方法~売家VS注文住宅、どちらを選ぶ?

ハウスメーカーと工務店~久留米市で家を建てるならどちらを選ぶ?

小郡市で戸建て注文住宅を頼みたい工務店を紹介

太宰府市で注文住宅!安心して相談できるメーカーを探す

福岡県内で注文住宅を建てる~工務店の選び方

理想の戸建を福岡でつくる~デザインと性能はどちらが大切?

小郡市x注文住宅 小郡の気候風土を良く知った業者に頼みたい

ハウスメーカーのメリット・デメリット~筑紫野で注文住宅を建てる前に知りたい情報

魔法瓶住宅とは?~高気密・高断熱が快適な住空間をつくる

『想家工房』の名前に込めた想いとは~家を想うの本当の意味

福岡で新築!注文住宅が向いている人はどんな人?

福岡で省エネ住宅!高性能な住宅で評判の工務店を探す

カテゴリー

ヒートショック

施工例

省エネ住宅

補助金

魔法瓶住宅

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年05月