PR

太宰府・小郡・朝倉・筑前・筑紫野で探す高機能注文住宅情報

住宅ローンの税額控除制度とは?省エネ性能の注文住宅を建てよう | 太宰府・小郡・朝倉・筑前・筑紫野で探す高機能注文住宅情報

記事

住宅ローンの税額控除制度とは?省エネ性能の注文住宅を建てよう

2024/01/15

住宅ローンの税額控除制度は、最大13年間、所得税と住民税の控除が受けられる制度です。省エネ基準を満たした新築住宅の場合、最大455万円の控除が受けられます。控除を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があるので、専門家に相談して、要件を満たすように工夫しましょう。

そもそも住宅ローンの税額控除制度とは?

注文住宅はもともと建売住宅よりも高額で、住宅ローンを組むと利息や諸経費などが生じるため、建築費用が予想していたより高くなってしまうことも少なくありません。しかし、住宅ローンの税額控除制度を利用すれば、税額を安く抑え経済的負担を軽減できます。

こちらでは、福岡で注文住宅をご検討中の方のために、住宅ローンの税額控除制度について解説いたします。主なポイントは、次の4つです。

◇住宅ローン残高に応じた所得税・住民税控除

住宅ローンの税額控除制度の正式名称は、住宅借入金等特別控除です。住宅ローン控除といわれるもので、住宅ローン控除を適用すると、毎年住宅ローンの残高に応じて所得税と住民税の控除が受けられます。

◇控除率は0.7%、最長13年適用

住宅ローン控除の控除率0.7%、適用期間は最長13年間(既存住宅と増改築は10年間)です。以前は、控除率が1%で適用期間10年間でしたが、令和4年の税制改正で低金利を理由に控除率は引き下げられ、適用期間は延長されました。

このように、制度の内容は改正されるため、常に最新の情報を確認しておく必要があります。

◇住宅の適用条件が決まっている

住宅ローン控除を受けるためには、一定の条件を満たさなくてはいけません。住宅の適用条件は、新築住宅、買取再販、中古住宅、リフォーム、増築によって異なり、さらに住宅ローンの条件もあります。

例えば、2024年以降に建築確認を受けた新築住宅で住宅ローン控除を受ける場合の、主な適用条件は次のとおりです。

・マイホームである

・引渡し・工事完了から6カ月以内に入居する

・10年以上の返済期間がある

・床面積が50㎡以上

・合計所得金額が2,000万円以下

・省エネ基準を満たす

◇確定申告が必要

住宅ローン控除を受けるためには、対象期間中は毎年控除手続きが必要です。1年目は確定申告を行わなくてはいけませんが、次の年からは勤務先の年末調整での手続きで済みます。

年収2,000万円以上の会社員や個人事業主などで年末調整がない場合は、対象期間中は毎年確定申告が行わなくてはいけません。確定申告は毎年2月16日から3月15日(休日の場合は翌営業日)までに行います。

令和4年度税制改正により省エネ性能が必須

引用元:photo AC

住宅ローン控除制度は必要要件をひとつでも満たせないと、控除が受けられなくなってしまうので注意が必要です。こちらでは、令和4年度の税制改正における注意点をご紹介いたします。

◇2024年以降の新築住宅は省エネ性能必須

令和4年度税制改正により、新築住宅の場合、省エネ性能が搭載されていることが必要要件に加わりました。2024または2025年に入居を予定している新築住宅が省エネ基準を満たさない場合、住宅ローン控除は利用できません。

省エネ住宅とは、断熱性、気密性などに優れ、家庭のエネルギー消費量を削減できる住まいのことです。住宅ローン控除では、認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、ZEH水準省エネ住宅、省エネ基準適合住宅の4つを指します。

◇住宅の種類により限度額が異なる

必要要件は、「新築住宅、買取再販住宅」「既存住宅」「リフォーム」によって異なります。さらに、借入限度額と最大控除額も住宅の種類、居住開始年によって異なるため、事前に確認が必要です。

新築住宅・買取再販の、住宅の種類よる借入限度額と最大控除額の違いは、次のとおりです。

住宅の種類居住開始年借入限度額最大控除額
長期優良住宅・低炭素住宅2022年~2023年5,000万円455万円
2024年~2025年4,500万円409.5万円
ZEH水準省エネ住宅2022年~2023年4,500万円409.5万円
2024年~2025年3,500万円318.5万円
省エネ基準適合住宅2022年~2023年4,000万円364万円
2024年~2025年 3,000万円273万円

◇省エネ性能を証明する書類が必要

2024年以降の新築住宅は省エネ性能必須になったことで、2024、2025年に新築住宅に入居する場合、省エネ性能を証明する書類も必要となりました。

省エネ性能を証明する書類とは、認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、ZEH水準省エネ住宅、省エネ基準適合住宅いずれかの住まいであることを証明できる書類のことです。

住宅ローン控除が受けられる注文住宅を取得

住宅ローン控除を受けると住宅ローンの負担を軽減できるため、注文住宅を取得するなら必要要件を満たせる優良住宅が望ましいです。こちらでは、優良住宅で得られる税制面以外の利点と、住宅ローン控除を受けられる注文住宅を取得するためのポイントをご紹介いたします。

◇優良住宅は税制面以外にも利点が多い

優良住宅は税制面以外の主な利点は、次の5つです。

・快適な生活を営める

夏は高温多湿で、冬は寒さが厳しい日本でも、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

・健康に暮らせる

結露やカビが発生するとダニが発生しやすくなり、シックハウス症候群、アトピー、アレルギー性皮膚炎などを発症する原因ともなります。優良住宅は結露やカビができづらいため、家族が健康に暮らせる住まいです。

・安全を確保できる

断熱性と気密性に優れている住まいは、室内を快適温度に保てるため、ヒートショックのリスクを軽減できます。丈夫で災害時にも倒壊するリスクが低いため、家族の安全を確保できるのもメリットです。

・光熱費を削減できる

外気に影響されづらい優良住宅は、エアコン効率がよく光熱費を削減できます。

・資産価値が落ちづらい

不動産価格は築年数で変動しますが、優良住宅は通常の住宅より資産価値が落ちづらいのも特徴です。売却する際は、通常の住宅より高値で売却できます。

◇税制に適合した注文住宅について専門家に相談

注文住宅を建て税制面で優遇を受けるためには、必要要件や認定基準を満たさなくてはいけません。

2024年以降の新築住宅は省エネ性能も必須となっていて、工事費用の金額や床面積など細かい基準が設定されています。福岡で注文住宅をご検討中の方は、税制に適合した注文住宅を建てられるように、まずは税制に詳しい住まいの専門家に相談することをおすすめします。

住宅ローン控除の相談先は、所轄の税務署、住まいに詳しいファイナンシャルプランナーなどです。


住宅ローンの税額控除制度は、注文住宅の購入に伴う経済的負担を軽減するための重要な支援制度です。特に、福岡で注文住宅を検討中の方にとって、この制度を理解し、利用することは非常に有益です。

この制度についての主要なポイントは以下の通りです。まず、住宅ローン残高に応じて所得税と住民税の控除が受けられます。この控除率は0.7%で、最長13年間適用されます。ただし、既存住宅や増改築の場合は10年間の制度となります。

住宅ローンの控除を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。それには、自身の住まいであること、入居から6カ月以内の引渡し・工事完了、10年以上の返済期間、床面積の規定、所得制限、そして省エネ基準の遵守が含まれます。

確定申告は毎年必要で、年収が2,000万円以上の場合、特に注意が必要です。また、令和4年度の税制改正により、新築住宅には省エネ性能が必須となりました。この要件を満たさない場合、住宅ローン控除は適用されません。

優良な住宅を建てることで、税制面だけでなく、快適な生活、健康、安全性、光熱費の削減、資産価値の維持など、多くの利点を享受できます。税制に適合した注文住宅を計画する際には、専門家に相談し、要件を満たすよう工夫しましょう。

相談先としては、税務署やファイナンシャルプランナーが利用できます。税金の面でも最大限にメリットを活用し、理想の住まいを実現しましょう。

想家工房はこちら

記事一覧

福岡で地震に強い木造耐震住宅を建てたい!確認すべきポイントを紹介

注文住宅の外観は意外と難しい?外観の考え方や決め方のポイントを紹介

福岡でおしゃれな注文住宅を建てるコツを紹介!

住宅ローンの税額控除制度とは?省エネ性能の注文住宅を建てよう

工務店独自のモデルハウスや住宅展示場も~福岡で見学するポイント

地震が多い福岡で高性能住宅を建てる利点と価格について解説

子育て・老後などライフスタイルの変化を見据えた注文住宅

夢に近づく福岡の住まいを地元工務店から~資金計画づくりの流れ

太宰府市で高性能住宅を建てて快適な暮らしをしよう!

福岡でデザインの良い注文住宅を取得!後悔しないためのポイント

福岡で自然素材の注文住宅を建築する!素材・魅力・注意点を解説

福岡で後悔しない家づくりをするために必要なことは?

福岡で注文住宅を建てる際に確認すべきポイントを紹介

福岡で注文住宅の土地探しができるハウスメーカー・工務店5選

福岡で理想的な省エネ住宅を建てるために必要な予算とは?

福岡でZEHを建てられる地元工務店を紹介

空気の流れが大切?断熱に優れた魔法瓶住宅の実力

福岡のハウスメーカー・工務店の選び方と施工例を紹介

福岡の筑紫野市の魅力とは?注文住宅の施工例を紹介

住みやすい街・福岡市で注文住宅を建てる際の注意点!施工例も紹介

福岡の大野城市で家を建てよう!注文住宅の施工例を紹介

福岡の小郡市で注文住宅を建てるなら想家工房へ!施工例を紹介

福岡の太宰府市で注文住宅を建てる!施工例を紹介

福岡の注文住宅で理想の間取りを手に入れるためのポイントを解説

福岡で建てる注文住宅、価格の相場を詳しく解説

福岡で家を建てるなら、自然素材でつくる木の家の注文住宅!

福岡で注文住宅を建てるなら、まずは住宅展示場へ行くことをご提案

福岡で平屋の注文住宅をおすすめする理由

想家工房の特徴と施工事例を紹介!朝倉市で家を建てるなら地元の工務店

住宅を建築する際の補助金について知ろう!福岡独自の補助金はある?

中古住宅と新築住宅の相場から探る!太宰府市でおすすめの住宅とは?

朝倉市で建売住宅を建てる場合の相場は?建売住宅選びのポイントも徹底解説!

ヒートショックとは?家づくりで取り組むべきヒートショック対策

想家工房上田社長が語る魔法瓶断熱工法の誕生とそのメリット、住んでいる人の声も紹介

想家工房の家づくりへの情熱と徹底した施工管理、年間限定10棟の建築に込められた想いとは

自然豊かな朝倉市で一戸建て!中古住宅なら好立地な物件も選べる?ポイントを押さえて理想の住まいを見つけよう

小郡市で中古住宅を選ぶポイントとは?ハザードマップを活用して安全・快適な住まいを見つけよう

住みやすさと子育てしやすい環境が人気の筑紫野市で戸建てを手に入れよう!

理想の家を実現!想家工房の家づくりとは

家はどれくらいで建てられる?家づくりの流れと期間を解説

福岡で理想の注文住宅!自由設計でこだわりのつまった家を実現しよう

親の家どうする?高齢者が暮らす一戸建てに潜む危険

福岡で注文住宅を建てるなら費用はどのくらい必要?

母への想いを家に込めて~想家工房のスタート

朝倉で近くの工務店を探す~ベストな注文住宅を建てるためのノウハウ

福岡で高気密・高断熱の高性能住宅が必要な理由は?

筑前町で家を持つ方法~売家VS注文住宅、どちらを選ぶ?

ハウスメーカーと工務店~久留米市で家を建てるならどちらを選ぶ?

小郡市で戸建て注文住宅を頼みたい工務店を紹介

太宰府市で注文住宅!安心して相談できるメーカーを探す

福岡県内で注文住宅を建てる~工務店の選び方

理想の戸建を福岡でつくる~デザインと性能はどちらが大切?

小郡市x注文住宅 小郡の気候風土を良く知った業者に頼みたい

ハウスメーカーのメリット・デメリット~筑紫野で注文住宅を建てる前に知りたい情報

魔法瓶住宅とは?~高気密・高断熱が快適な住空間をつくる

『想家工房』の名前に込めた想いとは~家を想うの本当の意味

福岡で新築!注文住宅が向いている人はどんな人?

福岡で省エネ住宅!高性能な住宅で評判の工務店を探す

カテゴリー

ヒートショック

施工例

省エネ住宅

補助金

記事

魔法瓶住宅

アーカイブ

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年05月